So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

MTBのフレームでロードバイクを組む・・令和号かな [自転車]

 ママチャリをロードにしてからほぼ10ヶ月。


またまた組立の虫が動き出しました。


パープルのきれいなMTBのフレームを見つけてしまったからです。


1P1080339.jpg


ハデなイメージのGTシールとかは、シールリムーバーを使って剥ぎ取り。


2P1080340.jpg


allとterra を一文字残す。


3P1080341.jpg


GT all terra Zaskar LE 


この色の派手さに眼がくらみました。


4P1080342.jpg


まず一番に、BBを組み込みます。


5P1080343.jpg


続いてヘッドセットとフロントフォーク。


6DSCF5525.jpg


700Cのホイールを使うため、調達したフォークの色はピンク。


フレームがパープルにフォークがピンク!!


どこまでハデにするかだな。


7DSCF5526.jpg


ワンの圧入は自作工具。道具箱を探して手頃な寸法のボルト・ナットと平板をみつけました。


8P1080333.jpg


タイヤ・ホイールは例によってメルカリで調達。


手持ちのチューブを入れて、さらにエアーを入れて点検してみます。


9P1080335.jpg


前輪OK。


10P1080337.jpg


後輪もOK。


続いてギヤを組みます。


9速で28-11の歯数構成。


11P1080338.jpg


組み込み完了。


12DSCF5527.jpg


フレームに車輪を組みます。


フロントフォークのエンド幅は100mmでちょうど。


リアのエンド幅はMTBなので135mm、ロードの車輪幅130mmと、5mmの差異が生じる。


ママチャリロードの場合とは逆の現象が生じる。


車輪の脱落等の事故がないように、きつめに締め込んで置く。


アルミのフレームだから無理が効く。


良い子は真似しないでね。カーボンやチタンフレームでは特に・・。


無理をしないでするとしたら、ハブシャフトを135mmに交換して、スペーサーを噛まして130mmホイールを


つける形にするのかな。どうだろう?


 閑話休題。バックに写っているバイクは、もうひとつのバイク趣味・・・モーターサイクルの一台。


 BMWのダカールです。


あとはパーツを順次、組み込んで行きます。


13DSCF5528.jpg


チェーンリングとクランク。


13DSCF5608.jpg


フロントディレイラーとアウターケーブル類、バーテープ・バーエンドキャップ。


14DSCF5532.jpg


一番調達に神経を使っていろいろ調べた部品、リアディレーラーハンガー。



14DSCF5533.jpg


リアディレイラー。


15DSCF5531.jpg


Vブレーキ、前輪用に。


16DSCF5529.jpg


クランクをセット。


17P1080346.jpg


ハンドルとデュアルレバーはコンクリート床上で組んで水平を出します。


17P1080347.jpg


ステムはブラックとシルバーと同じ長さのものが2本ある、どちらにしようか。


18DSCF5534.jpg


リアデレィラーハンガー。


GT の正規品でしたが、ほんの少し、0.3~0.5mm程度のヤスリがけ作業が必要でした。


まあご愛嬌。


18DSCF5535.jpg


リアディレイラー取り付け。


18DSCF5609.jpg


フロントディレイラーは手持ちのもののクランプ径が合わずこれだけ単独で調達。


20DSCF5606.jpg


サドル・シートポスト・シートポストクランプ・リフレクター


一式組み立てます。


20DSCF5607.jpg


シートセットはTOTEMです。


リアブレーキは手持ちのキャリパーブレーキの中で一番寸法の合うものを選びました。


操作レバーは右手。右手リアー、左手フロントに、このバイクで初めて挑戦してみました。


21DSCF5610.jpg


ハンドル廻り及び、フロントブレーキ。


フロントのブレーキはVブレーキを使いました。


ロード用のキャリパーブレーキを使うにはフロントフォークに細工が必要でした。


フロントをVブレーキにしたので、操作レバーは左側を使います。


Vブレーキは、ものすごく効きが良くて右手だとすぐ前輪ロックしそうで、宙返りが怖くて。


23DSCF5615.jpg


ハンドルステムは結局シルバー、スペーサーは赤と黒、バーテープは赤×黒の迷彩、エンドキャップはパープル。


アウターケーブルは赤、ちょっと色彩感覚、変じゃないと自分自身にツッコミを入れつつハンドル廻り完成。


25DSCF5616.jpg


完成写真、左側。


25DSCF5617.jpg


完成写真、右側。


リアのブレーキはキャリパーブレーキ。


Vーブレーキ台座はMTBのホイール用で700cホイールでは使えません。


これで700Cを履いた、MTBロード完成。


試走は令和元年の楽しみに。


令和号。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ローラー台のシーズン・イン。 [自転車]


 11月の下旬。


自転車・ロードバイクで、外を走るのはさすがにきつく、寒くなってきました。


メルカリでローラー台を探してゲットしました。


さっそく、室内にローラー台を設置、自転車を据え付けます。


自転車は乗りやすいようにママチャリロードのツノダ号にしました。


PB180103-1.jpg


室外から撮ると、背景の映り込みと、室内の奥のものとみんないっしょになって・・。


不思議な風景。


PB180104-1.jpg


室内に入って、設置の状況を正確に写します。


シートを敷いて、荷重の掛かりそうな箇所にはマットも追加して。


PB180105-1.jpg


側面からはこういう位置。


PB180106-1.jpg


どんな靴でもトレーニングできるように、ペダルをフラットペダルに交換。


PB180107-1.jpg


正面からはこういう位置。


PB180108-1.jpg


都会の住宅事情では、ローラーの音でいろいろ苦労するようですがここ秋田では何も考えなくとも・・。


逆になにか鳴り物をそばに置かないと、時間が持たないかな。


あまり明るく開放的に思えたら、一応ブラインドを降ろしてもできます。


PB180109-1.jpg


設定完了。


試運転開始。


PB180111-1.jpg


トレーニング終了後は、このコーヒーで一服。


名前が最高・・・私のコーヒー。



nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ママチャリロードを組む《組立編》ツンツンツノダ号 [自転車]

 

 いよいよ組立に入ります。


まずは、フレーム寸法の矯正。


DSCF5446-1.jpg


前輪フォークエンド幅寸法の矯正。


DSCF5447-1.jpg


後輪エンド幅寸法も矯正。


ボルト・ナットで治具を作り、正規寸法より大きく広げて固定しておく。


矯正治具を外したときにロードバイクのホイールがスムーズに入る寸法になるように。


DSCF5449-1.jpg


このままの状態でフレームの塗装に入ります。


オリジナルの塗色はイエロー系だったので、もっと鮮やかな黄色をスプレイ。


塗装が乾いたら、組立に入ります。


DSCF5450-1.jpg


DSCF5451-1.jpg


フレーム・フォークを組み付けして、ここからロードの部品を組んでいきます。


基本方針はなるべく手持ちの部品を使うこと。


自分で加工できることは時間がかかっても不細工でも加工してみること。


DSCF5452-1.jpg


まずはBB ボトムブラケット。現代のカートリッジ式のBBに。


シマノ BB-UN55 68-110。


DSCF5455-1.jpgDSCF5455-1.jpg


DSCF5456-1.jpg


そして、チェーンリング・クランク。


ミヤタカリフォルニアロードについていたクランク。


50t-40t クランク長165mm



DSCF5457-1.jpg


ホイール、前輪・後輪。


ホイールはマビック。タイヤはビットリアのチューブラータイヤ 28-21。


DSCF5460-1.jpg


DSCF5461-1.jpg


ここからは、どんな順序でもいいが、まずはリアディレィラー。


シマノ ティアグラ。


DSCF5459-1.jpg



ディレィラーハンガーをママチャリフレーム用に正爪ハンガーにしなければならない。


ネットで検索して、正爪用に使えるものをアマゾンで購入。


ミソは逆爪用ハンガーをひっくり返して取付使用するということ。


ブレーキは前後ともテクトロ R350。


DSCF5462-1.jpg


前ブレーキはママチャリフレームの取付けボルト孔の後側の拡大が必要。


ドリルで増径し、ナットが入るようにする。


DSCF5463-1.jpg


後ブレーキはフェンダーの取付孔を利用して、L型鋼を着け、それにブレーキを取り付ける形。


DSCF5464-1.jpg


チェーンは8速用。


スプロケットは8速、25t-12t。


変速機はティアグラで9速用だからうまく作動するかな。


DSCF5465-1.jpg


ハンドルはサカエ 380mm.。ステムは60mm。


DSCF5466-1.jpg


DSCF5467-1.jpg


サドル。ミヤタのネーム入り。


シートポストはママチャリオリジナル。26.0mmの径。


自分用に合わせるには長さが足りない。


とりあえずこの高さで組む。設定はあとから考えよう。



DSCF5468-1.jpg


DSCF5470-1.jpg


デュアルレバーはティアグラ。


DSCF5471-1.jpg


DSCF5472-1.jpg


ペダルはMKS。フラットペダル。


DSCF5473-1.jpg


DSCF5474-1.jpg


フロントディレイラーはフレーム接合部の段差になった部分に取り付け位置がくる。


うまく適合するものがなく、34.9mm径のクランプにゴムシートをかまして取り付ける。


この状態でフロントディレィラーの位置の自由度がなく、チェーンリングのカバー板に干渉してNG。


フロントディレイラーは、この状態でしか取付できないので、チェーンリング・クランクを交換することに。


手持ちのチェーンリング・クランクで外形のちょっと大きなものがありました。


数ミリの差ですが、52t-39t  クランク長170mm。シマノですがノーネーム。


とりあえずの形。


この段階で右のシフトレバーが機能しません。


空打ち状態でラチェット音はするんですが、リアの変速ができません。


ちゃんと動く同型のものをヤフオクかメルカリで探すか・・。


DSCF5479-1.jpg


DSCF5481-1.jpg


結論として、リアの変速はシングルレバーで行うことにして、ヤフオクでゲット、納品待ち。


することがないので、ハンドルにバーテープを巻きます。


白黒の迷彩。


DSCF5482-1.jpg


ケーブル類の取り回し状況。


写真ではあまり見えないがケーブルハンガーと、BB部下部にシフトケーブルガイド。


これらはアマゾンで調達。


DSCF5483-1.jpg

 

サイドスタンド。 


一応ママチャリロードをうたうのでスタンドを着けました。


DSCF5485-1.jpg


DSCF5486-1.jpg



シングルレバーが届きました、これが当面の完成形。


リアのシフトはバンド止めのシングルレバー。メーカーはサンプレックス。


ティアグラのシフトレバーが、右だけ機能しなかったんです。よくある不具合のようです。


ですから右はブレーキレバーのみ、左はデュアルレバーとして使うというティァグラの変速方法。


DSCF5487-1.jpg




DSCF5488-1.jpg


試走に行ってきます。


ボトルケージはフレームにタップを切って取り付けました。強度的にはあまり問題ないでしょう。


あとはサイクルコンピューターの取付。


DSCF5489-1.jpg


形だけは軽そうで、速そうですが・・。


さて、どうでしょう。ママチャリロード。






nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ママチャリロードを組む《分解編》ツンツンツノダ号 [自転車]


娘が昔、中学性のときに使った自転車があまり錆びも出ずに小屋に転がっている。


これにロードのコンポを組んでみよう。


どうやら自分は、走ることより、いじることが好きな自転車乗りのようです。


さて、自転車はこちら。


昭和の時代のママチャリ・・娘が使っていたから、学チャリかな。


当時(30年くらい前)、結構いい値段のした、ツンツンツノダの自転車です。


DSCF5412-1.jpg


フレームには5年保証のシールも貼ってあります。


最終目的はこのフレーム。


材質は鉄・・正確に言えば鋼。たぶんクロモリ鋼か、ハイテンション鋼。


これにロードバイク用の700Cの車輪とコンポを組んでいこうという計画です。


まずは分解。不要なものをすべて外していきます。


DSCF5413-1.jpg


前輪部。

DSCF5414-1.jpg


後輪部。


DSCF5415-1.jpg



DSCF5416-1.jpg


DSCF5417-1.jpg


駆動部のチェーンを外して。

DSCF5418-1.jpg


DSCF5419-1.jpg


今度は駆動部。


クランク。


DSCF5420-1.jpg


チェーンリング。


DSCF5421-1.jpg


チェーンカバー。


DSCF5422-1.jpg


DSCF5424-1.jpg


DSCF5425-1.jpg


チェーン。


DSCF5426-1.jpg


やっとBB・・ボトムブラケットにたどり着きました。


DSCF5427-1.jpg


ここからが正念場。BB外し。


DSCF5428-1.jpg



BBのワンまできました。


このワンは専用工具がないと外れません。


さてどうするか。



DSCF5429-1.jpg



ネットの情報ではずいぶん昔のBBの規格らしく、


専用工具を持ってる自転車屋さんも古くからやっている店でないとだめみたい。


代替えになる専用工具はネットでの販売価格は3000円程度、だけど工具を買っても外せる保証はない。


さてどうするか・・。


DSCF5453-1.jpg


軽トラにフレームを積んで行きつけのバイク屋さんに行ってきました。


カブの自賠責保険の更新に行ったついでに店のオヤジさんに相談したら、さすが古い店。


『専用工具は持っている。貸してはやれないが、工賃仕事で外してやるよ。


もちろん工具を買うよりはずーっと安い工賃だよ』とのこと。


一発でBBワン外し完了。


これでフレームだけになりました。ツンツンツノダ号。


 今回はここまで、組立編は次回。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

カリフォルニアロードでアッチコッチ 川から海へ [自転車]


ビンテージランドナー California Road カリフォルニアロード。


アッチコッチ行ってみます。


岩見川左岸。


DSCF5395-1.jpg


雄物川右岸。


DSCF5396-1.jpg


同じく雄物川右岸。

DSCF5398-1.jpg


雄物川河口。日本海海岸。


DSCF5402-1.jpg


DSCF5405-1.jpg


雄物川河口。日本海岸。

DSCF5408-1.jpg


岩見川、戸島大橋周辺。


DSCF5409-1.jpg





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。