So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

ママチャリロードを組む《組立編》ツンツンツノダ号 [自転車]

 

 いよいよ組立に入ります。


まずは、フレーム寸法の矯正。


DSCF5446-1.jpg


前輪フォークエンド幅寸法の矯正。


DSCF5447-1.jpg


後輪エンド幅寸法も矯正。


ボルト・ナットで治具を作り、正規寸法より大きく広げて固定しておく。


矯正治具を外したときにロードバイクのホイールがスムーズに入る寸法になるように。


DSCF5449-1.jpg


このままの状態でフレームの塗装に入ります。


オリジナルの塗色はイエロー系だったので、もっと鮮やかな黄色をスプレイ。


塗装が乾いたら、組立に入ります。


DSCF5450-1.jpg


DSCF5451-1.jpg


フレーム・フォークを組み付けして、ここからロードの部品を組んでいきます。


基本方針はなるべく手持ちの部品を使うこと。


自分で加工できることは時間がかかっても不細工でも加工してみること。


DSCF5452-1.jpg


まずはBB ボトムブラケット。現代のカートリッジ式のBBに。


シマノ BB-UN55 68-110。


DSCF5455-1.jpgDSCF5455-1.jpg


DSCF5456-1.jpg


そして、チェーンリング・クランク。


ミヤタカリフォルニアロードについていたクランク。


50t-40t クランク長165mm



DSCF5457-1.jpg


ホイール、前輪・後輪。


ホイールはマビック。タイヤはビットリアのチューブラータイヤ 28-21。


DSCF5460-1.jpg


DSCF5461-1.jpg


ここからは、どんな順序でもいいが、まずはリアディレィラー。


シマノ ティアグラ。


DSCF5459-1.jpg



ディレィラーハンガーをママチャリフレーム用に正爪ハンガーにしなければならない。


ネットで検索して、正爪用に使えるものをアマゾンで購入。


ミソは逆爪用ハンガーをひっくり返して取付使用するということ。


ブレーキは前後ともテクトロ R350。


DSCF5462-1.jpg


前ブレーキはママチャリフレームの取付けボルト孔の後側の拡大が必要。


ドリルで増径し、ナットが入るようにする。


DSCF5463-1.jpg


後ブレーキはフェンダーの取付孔を利用して、L型鋼を着け、それにブレーキを取り付ける形。


DSCF5464-1.jpg


チェーンは8速用。


スプロケットは8速、25t-12t。


変速機はティアグラで9速用だからうまく作動するかな。


DSCF5465-1.jpg


ハンドルはサカエ 380mm.。ステムは60mm。


DSCF5466-1.jpg


DSCF5467-1.jpg


サドル。ミヤタのネーム入り。


シートポストはママチャリオリジナル。26.0mmの径。


自分用に合わせるには長さが足りない。


とりあえずこの高さで組む。設定はあとから考えよう。



DSCF5468-1.jpg


DSCF5470-1.jpg


デュアルレバーはティアグラ。


DSCF5471-1.jpg


DSCF5472-1.jpg


ペダルはMKS。フラットペダル。


DSCF5473-1.jpg


DSCF5474-1.jpg


フロントディレイラーはフレーム接合部の段差になった部分に取り付け位置がくる。


うまく適合するものがなく、34.9mm径のクランプにゴムシートをかまして取り付ける。


この状態でフロントディレィラーの位置の自由度がなく、チェーンリングのカバー板に干渉してNG。


フロントディレイラーは、この状態でしか取付できないので、チェーンリング・クランクを交換することに。


手持ちのチェーンリング・クランクで外形のちょっと大きなものがありました。


数ミリの差ですが、52t-39t  クランク長170mm。シマノですがノーネーム。


とりあえずの形。


この段階で右のシフトレバーが機能しません。


空打ち状態でラチェット音はするんですが、リアの変速ができません。


ちゃんと動く同型のものをヤフオクかメルカリで探すか・・。


DSCF5479-1.jpg


DSCF5481-1.jpg


結論として、リアの変速はシングルレバーで行うことにして、ヤフオクでゲット、納品待ち。


することがないので、ハンドルにバーテープを巻きます。


白黒の迷彩。


DSCF5482-1.jpg


ケーブル類の取り回し状況。


写真ではあまり見えないがケーブルハンガーと、BB部下部にシフトケーブルガイド。


これらはアマゾンで調達。


DSCF5483-1.jpg

 

サイドスタンド。 


一応ママチャリロードをうたうのでスタンドを着けました。


DSCF5485-1.jpg


DSCF5486-1.jpg



シングルレバーが届きました、これが当面の完成形。


リアのシフトはバンド止めのシングルレバー。メーカーはサンプレックス。


ティアグラのシフトレバーが、右だけ機能しなかったんです。よくある不具合のようです。


ですから右はブレーキレバーのみ、左はデュアルレバーとして使うというティァグラの変速方法。


DSCF5487-1.jpg




DSCF5488-1.jpg


試走に行ってきます。


ボトルケージはフレームにタップを切って取り付けました。強度的にはあまり問題ないでしょう。


あとはサイクルコンピューターの取付。


DSCF5489-1.jpg


形だけは軽そうで、速そうですが・・。


さて、どうでしょう。ママチャリロード。






nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ママチャリロードを組む《分解編》ツンツンツノダ号 [自転車]


娘が昔、中学性のときに使った自転車があまり錆びも出ずに小屋に転がっている。


これにロードのコンポを組んでみよう。


どうやら自分は、走ることより、いじることが好きな自転車乗りのようです。


さて、自転車はこちら。


昭和の時代のママチャリ・・娘が使っていたから、学チャリかな。


当時(30年くらい前)、結構いい値段のした、ツンツンツノダの自転車です。


DSCF5412-1.jpg


フレームには5年保証のシールも貼ってあります。


最終目的はこのフレーム。


材質は鉄・・正確に言えば鋼。たぶんクロモリ鋼か、ハイテンション鋼。


これにロードバイク用の700Cの車輪とコンポを組んでいこうという計画です。


まずは分解。不要なものをすべて外していきます。


DSCF5413-1.jpg


前輪部。

DSCF5414-1.jpg


後輪部。


DSCF5415-1.jpg



DSCF5416-1.jpg


DSCF5417-1.jpg


駆動部のチェーンを外して。

DSCF5418-1.jpg


DSCF5419-1.jpg


今度は駆動部。


クランク。


DSCF5420-1.jpg


チェーンリング。


DSCF5421-1.jpg


チェーンカバー。


DSCF5422-1.jpg


DSCF5424-1.jpg


DSCF5425-1.jpg


チェーン。


DSCF5426-1.jpg


やっとBB・・ボトムブラケットにたどり着きました。


DSCF5427-1.jpg


ここからが正念場。BB外し。


DSCF5428-1.jpg



BBのワンまできました。


このワンは専用工具がないと外れません。


さてどうするか。



DSCF5429-1.jpg



ネットの情報ではずいぶん昔のBBの規格らしく、


専用工具を持ってる自転車屋さんも古くからやっている店でないとだめみたい。


代替えになる専用工具はネットでの販売価格は3000円程度、だけど工具を買っても外せる保証はない。


さてどうするか・・。


DSCF5453-1.jpg


軽トラにフレームを積んで行きつけのバイク屋さんに行ってきました。


カブの自賠責保険の更新に行ったついでに店のオヤジさんに相談したら、さすが古い店。


『専用工具は持っている。貸してはやれないが、工賃仕事で外してやるよ。


もちろん工具を買うよりはずーっと安い工賃だよ』とのこと。


一発でBBワン外し完了。


これでフレームだけになりました。ツンツンツノダ号。


 今回はここまで、組立編は次回。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

カリフォルニアロードでアッチコッチ 川から海へ [自転車]


ビンテージランドナー California Road カリフォルニアロード。


アッチコッチ行ってみます。


岩見川左岸。


DSCF5395-1.jpg


雄物川右岸。


DSCF5396-1.jpg


同じく雄物川右岸。

DSCF5398-1.jpg


雄物川河口。日本海海岸。


DSCF5402-1.jpg


DSCF5405-1.jpg


雄物川河口。日本海岸。

DSCF5408-1.jpg


岩見川、戸島大橋周辺。


DSCF5409-1.jpg





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ビンテージロード ALFREXを老人向けに [自転車]


ALFREX 入手したときについていた車輪は細いチューブラータイヤ。


リヤスプロケットは8速で25-12。

 

坂道が登れない。乗り心地が硬い。これを改善したい。


初心者向けにしようということですね。


DSCF5200-1.jpg


チューブラータイヤ 28x21 からクリンチャータイヤ 700x23cへ交換。


リヤのスプロケットを同じ8速で、25-12から32-11に交換。


メルカリで手頃なものを見つけました。即ゲット。


部品が揃ったところで交換です。


フロントは以前の車輪をはずして、あたらしいものをそのまま取り付け。


白のホイールです。フレームとよく似合います。


DSCF5436-1.jpg


ホイールは Alexrims Race28pro タイヤはコンチネンタルのゲータースキン。


フロントにサイコン用のマグネットも取り付け。


DSCF5437-1.jpg


リアにはスプロケットを組み込みます。


DSCF5438-1.jpg


DSCF5439-1.jpg


完成です。


DSCF5440-1.jpg


取り付け。


DSCF5441-1.jpg


前後輪交換できました。


DSCF5442-1.jpg


試走に行ってきます。


DSCF5443-1.jpg


坂道はラクラク。乗り心地も柔らかくなりました。


あと、サイコンのギア歯数やタイヤ周長の値を変更しないと、速度やケイデンスが微妙に異なることになるね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

旅用自転車・ランドナーを組む Ⅲ.試走編またはすこしお化粧・・。 [自転車]


ハンドルにバーテープを巻きました。


これも調達はメルカリ。


DSCF5345-1.jpg


すこし濡れているのはツヤ出しニスをスプレーしたからです。


コットンテープではないからあまり効果はないでしょうが、ついやってしまいました。


DSCF5346-1.jpg


前後のフェンダーは、中央部の塗装を剥がしてアルミの地肌にし、


磨き上げて仕上げるつもりで作業にかかったんですが、時間と根気のなさに負けて最後はシルバー塗装。


でもオリジナルの塗色は残したかったので、サイド部はマスキングテープでカバーしてスプレイ。



DSCF5347-1.jpg


ペダルは付属のトゥクリップと革ストラップを止めるネジがありませんでしたので測定して購入。


ペダル側の雌ねじを測るとどうも変なサイズ、M5でもM6でもありません。


M6のタップを途中でやめたような状態なのかな。


M6でタップ切り直します。


あら残念、今度はトゥクリップの長孔にM6ボルトがとおりません。


トゥクリップの長孔もすこしドリルで拡大、やっと付きました。



DSCF5348-1.jpg


DSCF5349-1.jpg


手持ちのサドルバッグとポンプをつけて、試走に行く準備。


DSCF5350-1.jpg


忘れ物はないよね。


DSCF5351-1.jpg


では、試走前の記念写真。


DSCF5352-1.jpg


DSCF5354-1.jpg


試走に出発です。コースはいつものサイクリング道。


DSCF5355-1.jpg


岩見川の左岸・右岸を下り、雄物川との合流点で雄物川右岸に渡り。


DSCF5356-1.jpg


雄物川の右岸を上流に遡り、中央公園を経て自宅に戻る。


周回コース。


DSCF5357-1.jpg


川とサイクリング道。


DSCF5359-1.jpg


空と川と道。


DSCF5360-1.jpg


橋と川と道。


DSCF5361-1.jpg


サイクリング道から別れて一般道へ。


DSCF5362-1.jpg


DSCF5363-1.jpg


中央公園のファミリーゾーン入口まで登り。


一休み。


DSCF5364-1.jpgDSCF5365-1.jpg


中央公園スポーツゾーン・陸上競技場前のベンチ。


ここでも息を整えて水分補給。


DSCF5366-1.jpg



自宅付近まで下ってきました。


DSCF5367-1.jpg


DSCF5369-1.jpg


自宅到着。


試走の感想は、坂道がずいぶん軽くなったこと。


アルフレックスよりフロントもコンパクトになったし、リアのスプロケもロー30tと老人向けにしたから。


乗りやすい。


DSCF5370-1.jpg


まだ紹介してなかった、その他の装備・お化粧品は、ポンプ。



DSCF5377-1.jpg


ボトルケージ。これもメルカリで入手。


DSCF5376-1.jpg



サドルバッグ。


DSCF5375-1.jpg


小さなフロントバッグ。


これはウエストポーチのベルトを外して取り付け。



DSCF5374-1.jpg


これが基本の姿。


ランドナー。


こまかい分類で行くとスポルティーフ、またはパスハンターというところ。


DSCF5371-1.jpg


キャリア用のダボは前後ともついてるんですが、あえてキャリアは付けない方がカッコいいかな。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。